FF6|最強キャラ作成論

スポンサーリンク

キャラ成長システムを理解しよう

FF6はレベルを上げるとHPやMPは成長していきますが、力、魔力、素早さといった能力値は上昇しません。実際に攻撃したときのダメージはキャラのレベルが高いと増える仕様なので、レベルを上げただけで実質の攻撃力は上がるのですが、「力」や「魔力」も成長させてやるとさらに威力を高めることができます。

ではどうしたら力や魔力を成長させることができるかというと、魔石のレベルアップボーナスを使います。魔石をセットする画面を開くと例えばビスマルクなら「レベルアップのとき力+2」と書いてあると思います。これは魔石ビスマルクをセットした状態でレベルを上げると力が2増加することを意味しています。

ここまで読めば察するかもしれませんが、ボーナス値の高い魔石が手に入るまでレベル上げはしないほうがよく、またレベルアップのタイミングでその魔石をセットさせる必要があるのです。ちょっと面倒なシステムですが、力+2のビスマルクは序盤から手に入るので、打撃特化させたいキャラ(ロックとかがオススメ)はビスマルクを装備させていればとりあえずOKです。

もう一つ重要なポイント。FF6は全滅してもレベルやHP・MPはそのままです。しかし力や魔力などのステータスは最後にセーブした時点まで戻ってしまいます。これは非常に困るのでレベルアップしたら都度セーブしておくクセをつけておくと良いでしょう。

以下がFF6成長システムの要点です。

  • レベルアップするとHPやMPは成長するが、力・魔力・素早さ・体力などは成長しない。
  • 力や魔力は魔石のレベルアップボーナスによって成長する。
  • 優秀なボーナス値の魔石を手に入れるまで極力レベルアップさせないほうが良い。
  • 全滅してもレベルやHP・MPはそのままだが、力や魔力などのステータスは最後にセーブした時点まで戻る。

どの能力を成長させればいいの?

結論からいうと、打撃特化させたいキャラは力を120程度まで上げたら残りは素早さ全振り、魔法特化させたいキャラは魔力を50特化させたら残りを素早さ全振りです。力120というのはレベルを99まで上げたときにダメージが9999で安定する数値です。魔力も同様にレベル99まで上げると魔力50程度あればアルテマで9999ダメージが安定します。

スポンサーリンク

打撃特化させるべきキャラ

「ロック」ただ一人です。源氏の小手+かいでんのあかしを装備させれば9999を8回連続で繰り出せます

魔力特化させるべきキャラ

ロック以外全員です。ロック以外はアルテマを連発させるのが最強の攻撃手法となります。アルテマは消費MPが高いですが、「スリースターズ」を装備すれば消費MPは1になりますし、さらに「ソウルオブサマサ」を装備させればMP2でアルテマを2回連続で使うことができます。

オススメの魔石おしえて

  • 力:ビスマルク、ライディーン、ギルガメッシュが力+2
  • ゾーナ・シーカー、ヴァリガルマンダが魔力+2
  • サボテンダーが素早さ+2

ビスマルクとヴァリガルマンダは序盤から手に入れることができるので、レベルアップのタイミングだけこの魔石をセットさせて調整しましょう。

私の個人的な育て方

たしかに最強を目指すならロック以外は魔力特化させ残りを素早さに振るべきですが、そうするとキャラによってはHP・MPがカンストしません。個人的にHP9999、MP999じゃないと気持ち悪いので多少素早さを犠牲にしてもそっちを上げます。 また、毎回アルテマを使うのも面倒(モーションも長いし)なので、アルテマのほうが理論上は強いことが分かってても力に特化させてるキャラが多いです。

スポンサーリンク